So-net無料ブログ作成

佳きお年を! [季節]

ちおいんさん の鐘

早いものですね。もう大晦日です。
京洛の街々に ちおいんさん(知恩院) の超々重低音の除夜の音が胤々と、ずしりと響きます。震度3はございましょうか。家の戸、障子、ガラス窓までが読経するのでございます。京(みやこ)びとはこの音に煩悩を洗われ、来る年の幸せを祈ります。

 

この大梵鐘は高さ 3,3米、径 2,8米、重量は何と70トンもあるそうです。刀匠として名高い 正宗と村正 の兄弟が1636年に鋳造し、78年に今の大鐘楼に納まったと伺っています。

この大きな鐘を除夜には30人にも及ぶ僧侶が17人一組、一人づつ交代で撞いて行きます。一撞、一撞、微妙に音色が違うようです。オーディオの世界を超越した仏の音です。百八っつを打つさまはさながら圧巻と言う他はありません。

小生の氏神さんは祇園さん(八坂神社)でしたから大晦日の おけら(白朮)参り は毎年かかさずお参りしていましたが、すぐお隣のこの大スペクタクルを拝んだのは唯一度だけです。
これだから仏さんのご利益とは縁が薄うございました。もうこの年になって後悔しても遅そおまっしゃろなぁ。

どうか皆さまのお耳にもこの ちおいんさん の鐘の音がずしりと届きますように…。

年内有難うございました。
どうか佳き年をお迎え下さいませ。

来る年もジャズ溢れる年でありますように…!

今年はこれにて…

 


2006-12-29 12:25  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。