So-net無料ブログ作成
検索選択

ハリー・ウォーレン&サミー・カーン物語  [VOCAL]

HARRY WARREN &
SAMMY CAHN  STORY
    ハリー・ウォーレン &  サミー・カーン  特集

<bobcat オリジナルCD/作家シリーズ> も前回のアーヴィング・バーリンで打止め、と思ったのですが、何かこのままストンと終るのも呆気ないものですから、事のついでにもう一枚追加することにしました。
誰にしようかと迷ったのですが、ニューヨーク生まれのこの二人に決めました。他にもジョニー・マーサーフランク・レッサなど追いかければキリがありませんがこの辺で幕にしましょう。

まずはサミー・カーンです。ジェローム・カーンガス・カーンと同業者に鐘の音?も賑やかですが、ここは作曲家のジュール・スタインと組んでシナトラをしっかり支えたサミー・カーンを集めました。彼は30本近くハリウッドの映画音楽に携わっていますが、シナトラの出演した映画の殆どに彼の名を見出すことができます。ですから彼の特集を組む時、シナトラのアルパムを並べれば実に簡単ですが、それでは実もフタありません。10曲を選んで10人のシンガーにお願いしました。

    20080623_82202585.JPG  SAMMY CAHN

さてもう一人はハリー・ウォーレンです。28年に発表した「ナガサキ」のヒットで名が出ました。アカデミー賞を三回もとっている幸運な人です。汽車ポッポがお好きなようで、グレン・ミラーの演奏でお馴染みの「チャタヌギー・チュチュ」やアチソン・トペカ・サンタフェ」など軽快にヒット曲のレールを驀進しました。僕にはローリング・トゥエンティーズに花を咲かせたルース・エティングの伝記を映画化した「情欲の悪魔」(51/ジェイムス・キャグニイ ドリス・デイ)が忘れられません。

    harryoscar.jpg  HARRY WARREN

好きな曲が多く10曲を選ぶのに正直、苦労しました。またカーンで選んだ歌手との重複を避けたものですから時間もかかりました。こうして選んでみますとカーンには男性歌手が、ウォーレンでは女性歌手が並んでいます。無意識に選んだ結果です。面白いものですね。特徴が出てきます。

ジャケットです。それぞれお二人のシンボルを上下に並べました。

   20080619_124034671.JPG

ラベルは茶目っ気に

   20080619_124146314.JPG

では肝心の中身をどうぞ!

(1)サミー・カーン本人も唄ってます。(2)アメリカの恋人、実感 (5)の「オール・ザ・ウエイ」 スティーヴ・ローレンスよし。(8)「イッツ・マジック」 サミーの歌手としての実力を再認識。(17)ボスウェル・シスターズハーモニー絶妙! (19)「瞳は君ゆえに」 卒倒するほど素敵なタイトルですね。

   20080619_124241954.JPG

(20) 「ブロードウェイの子守唄」 を聴いて眠るどころか眠れなくなってきました。

今夜は <シャンデー・ガフー> をグーイといかが!
実に簡単、黒ビールとジンジャーエールを半々、ビヤ・グラスに満たして、さぁローリング・トゥエンティーズにかんぱい!

   cut5.jpg


  


2008-06-23 10:34  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。