So-net無料ブログ作成
検索選択

狸囃子 アーサ・キットさん逝く [VOCAL]

  訃報   アーサ・キット さん (81歳)
  08/12/25 没  EARTHA KITT

   ek.jpg

     20081226_200751641.JPG

巫女さんみたいな人でした。新興宗教の教祖みたいな人でした。歌と言い、風貌と言い、国籍不明の黒い人が突然現れて何語か分からん奇妙キテレツな歌詞で 「ショー、ショー、ショージョージ…」 とやらかしたんですからぶったまげましたねぇ。忘れもしません。この声を初めて耳にしたのは、所もよし「京をどり」で名の知れた遊郭、宮川町のど真ん中にある和風喫茶でした。もちろん未明です。ほろ酔い機嫌を覚ますにはもってこいの声でした。客のみんな゛瞬間にこの声の虜になって、ウヘーと聞き込んだものです。リタ・ヘイワースと別れた直後のオーソン・ウエルズが「今、世界でいちばん刺激的な女」と言ったのも無理はおまへん。ほんとに刺激的な声でした。ウエルズはそう言って彼女をブロードウエイに招きましたが、わがNHKは彼女の 「セ・シ・ボン」 をまさに刺激的と言って放送禁止曲にしちゃいました。昭和29年ごろと記憶しています。彼我の文化の差でありんす。

    20081226_200717172.JPG ナット・キング・コール と

幸い、我が家に「ナット・キング・コール・ショー」で唄う彼女の生の映像がありましたから早速引っ張り出してきました。(57年10月全米放映) 改めてじっくりと拝見することにましょう。ここでは 「ジャスト・アン・オールド・ファッションド・ガール「私の心はパパのもの」をソロで唄ってます。小生の楽兄、故小川正雄氏がいみじくも言った彼女の「ちりめんジャコ的ビブラート」がたっぷり聴けますし、回転の速いお得意の巻き舌も健在です。エキゾチズムこそ売りものとばかり 「アラビアの酋長」 をコールとの掛合いで唄うオマケもついていました。これぞ永久保存! 彼女とコールは映画セントルイス・ブルース」(58)で共演していますから撮影の打合わせなどでこの前後、なにかと交流があったようです。

    20081226_200545766.JPG サミー・デイヴィスJr と 

彼女、チェロキー・インディアンと白人のハーフです。幼い頃は黒人からいじめられ、芸能界に入ってからは白人からの差別に悩みました。ジョンソン大統領との昼食会に招かれたのはいいのですが、その席で <ベトナム戦争反対> をストレートに発言したものですから反米主義者の烙印を押されたり、合衆国人種社会の苦労が常について廻るという不幸な、反面ファイティングな人生でした。
16歳の時、キャサリン・ダンハムというダンス・チームの一員とて広く欧州を巡業し、その独特な芸風で人気を得、巴里のクラブ 「キャロル」 の専属歌手として独立。51年にオーソン・ウエルズの誘いもあり帰米。この欧州巡業のときに覚えたとルコ語の歌 「ウシュク・ダラを唄ったらこれが大喝采 (レコード・53年)。 この後「セ・シ・ボン」「サンタ・ベイビー」そして前出の「パジャーズ・バーティー(トルコ語と英語で唄う証城寺の狸囃子)」と順調にヒットを連発します。因みに彼女の歌は十ヶ国語に及ぶそうです。訪ねた国へのサービスとか。泣かせますね。日本には63年にやって来ましたがヒットのわりには客の入りはもうひとつだったとか。キャリア・ウーマンのファイティング・スピリットが身体中から発散する強い個性に当時の日本男性諸君、ついて行けなかったのかも知れませぬなァ。

では彼女のアルバムをご覧願いましょう。スペイン語、フランス語のアルバムはあっても、ガーシュインやコール・ポーターなどのスタンダードを集めて唄うというパターンはありません。この辺が彼女の本領ですね。僕の感覚ではいつも彼女だけちょっと離れたところに椅子があったように思います。
彼女、オバマさんが大統領になるという歴史的なアメリカの変革を見定めるように去って行きました。彼女の体験したいろんな人生がオバマさんの上にずっしり乗りかかっているように思えてなりません。 

ek1.jpgek2.jpgek3.jpgek4.jpgek5.jpg
ek6.jpgek9.jpgek10.jpgek11.jpgek12.jpg
ek13.jpgek15.jpgek16.jpgek19.jpgrcavictor.jpg

今ごろは 江利チエミ さんに 「ウシュクダラ」 の日本語の歌詞を習っているかもしれませんね。二人肩組んで大声で唄って下さい。

ほら、聞こえてきました。    「ウシュクダラ はるばる 訪ねてみたら  ~ ~ 」

     冥福を祈ります。
         今宵はこれにて…



2008-12-27 15:14  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。