So-net無料ブログ作成
検索選択
JAZZ & MOVIE ブログトップ

サヨナラ ナンシー・梅木さん [JAZZ & MOVIE]

サヨナラ ナンシー・梅木さん 

    MIYOSHI UMEKI (米国)  NANCY UMEKI(日本)
           1929/4/3 ~ 2007/8/28 (78歳)

    

河野隆次氏の証言

昭和24年、和製レスター・ヤングと言われた厚母雄二郎のグラマシー・シックスに新しい歌手が入るからというのでその初日のビクターでの音合わせに立会いました。笈田敏夫の後釜です。やがて原色もまばゆいグリーンスカートに真っ赤なブラウス、バアさんが葬式でかぶるようなボンネットをつけてその女性歌手が入って来ました。
「アンレ、河野さんですかぁ、ドンゾヨロスクゥ」 強力なズーズー弁でした。思わず仰天、身をよけました。当時銀座の辻々には、こういう格好をしたアヤシゲな女性が幾人も立っていたからです。

音合わせが始まりました。再び仰天!!。先ほどのズーズー弁はどこへやら、フィーリング英語発音に一驚したのです。これでドリス・デイのコロムビアに対抗できるぞ!とまで思いました。
この処女盤 「It Isn’t Fair」は世界のどこに出しても恥ずかしくない作品と未だに自負しています。
その後に出たアゲインで思った通り、充分にドリス・デイと対抗し、ナンシー梅木の名は不動のものとなったのです。

       処女盤ラベル

牧 芳雄氏の証言

わたしが ブッ飛んだ のがナンシー梅木の出現でした。ゲイ・セプテットをバックに唄う彼女を聴いて驚きました。最初は 梅木みよし の名で出ていましたね。米軍の兵士がナンシー、ナンシーと呼んだのでナンシー・梅木と変えました。ハスキーでムードあるセクシーな唄い方は ウメキ節 なんて言われました。そのフィーリングの良さ、英語ディクションの正確さ、は進駐軍兵士のお墨つきでした。当時絶大な人気を誇った別の日本の某女性歌手を聴いた兵士が言いました。「フーム、日本語ってのは随分と英語に似てるんだな」…。

「電通」 秘話

広告代理店の大手、電通(大阪)の倉庫にSP盤がたくさん眠っていました。ある日突然、全部処分すると決まったのでさぁ大変!それを聞いた僕の親友、クリエイティヴのNくん、脱兎のごとく倉庫へ駆けつけ、ナンシー・梅木の貴重盤を危機一髪!救ったのであります。過日、彼の家から十数枚持ち出してSPを聞く会を催しました。ナンシー・梅木の唄うガーシュインによくぞ残した、とみんな涙したものでございます。

映画出演

名実ともに日本の ドリス・デイ たる彼女を映画会社が放っておくわけがありません。52年には折からのジャズ・ブームに乗って松林宗恵監督「青春ジャズ娘」(53)に出演しました。共演ミュージシャンを列挙しておきましょう。
新倉美子  フランキー・堺  シックス・レモンズ  ビッグ・フォア   ブルー・コーツ   キューバン・ボーイズ   慶応大学クール・ノーツ など、 まさに日本ジャズ界の顔見世的作品でした。

   青春ジャズ娘

そして渡米 
アカデミー賞獲得

55年、奔放に生きる彼女は国内の名声をかなぐり捨てて未知のアメリカに渡ります。アーサー・ゴッドフリーショウなどに出演して認められ、57年「ピクニック」の名匠ジョシュア・ローガン監督の大悲恋映画「サヨナラ」に出演し、みごとアカデミー・助演女優賞を獲得し世間をアッと言わせました。
因みに共演は マーロン・ブランド  高美似子(綺麗どしたなぁ)  リカルド・モンタルバン  ジェームス・ガーナー  という豪華さに加え、音楽はかのアーヴィング・バーリンテーマ曲は大ヒットしました。

   

     アカデミー賞授賞式でA・ヒッチコック監督から祝辞を受けるナンシー

    

 アンソニー・クインと      「サヨナラ」で共演した助演男優賞のレッド・バトンズと

  

         中央 マーロン・ブランド  「サヨナラ」 から

やがて隠遁

 

ミュージカル「フラワー・ドラム・ソング」(61/監督ヘンリー・コスター)  「嬉し泣き」(61/監督ジョージ・マーシャル)に出演したりしていましたが、ある日突然隠遁します。自由奔放に生きる彼女の面目躍如たるところですね。彼女をカムバックさせようとう向きもありましたが(余計なお世話)遂に実らず、この訃報となりました。

 

数多い音源

どれほどCD化されているのか分かりませんが、幸い音源は数多く残っているようです。昨夜、僕は 「日本のジャズ・ポピュラー史/戦後編」 で夜を明かしました。
進駐軍兵士の間で大ヒットしたという、平野愛子さんの 「君待てども」 を英語で唄う彼女に胸がつまりました。当時の思い出が走馬灯のように浮かんでは消え、消えては浮かびます。彼女の唄を聴いていますと、京都でGI相手に春をひさいでいた セッチャン、ヨーチャンの顔、顔が鮮明に思い出されてきました。彼女たち、きっとその後は幸せな人生を過ごしたに違いないと僕は確信しています。

(調べましたら下記CD/DVDが市販されています。ご参考まで)

ナンシー梅木 アーリー・デイズ1950~1954  ナンシー梅木 アーリー・デイズ1950~1954

  アーティスト: ナンシー梅木, ゲイ・セプテット, グラマシ
  ー・シックス
 

  出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 
  発売日:     2001/02/21

  メディア: CD

ミヨシ

  ミヨシ

  •   アーティスト: ナンシー梅木
  •   出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  •   発売日: 2006/11/15
  •   メディア: CD
ナンシー梅木・シングズ・アメリカン・ソングズ・イン・ジャパニーズ+2  ナンシー梅木・シングズ・アメリカン・ソングズ・イン・
  ジャパニーズ+2

   アーティスト: ナンシー梅木
 
 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  発売日: 2001/03/28  
 
メディア: CD

サヨナラ

  サヨナラ

  •   出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  •   発売日: 2004/02/20
  •   メディア: DVD
  •  
  •  「サヨナラ」 ブランドと高 美似子

 

 
素敵な歌を有難う!
彼の地で安らかに眠って下さい。ご冥福をこころよりお祈りします。


最後に 「君待てども」 の英語の詩を記して、
偉大なるシンガー、
ナンシー・梅木とお別れしましょう。

 サヨナラ ナンシー

「君待てども / I’m wating for you」 皆さまもご一緒に。
   I’m wating for you   
   I’m wating for you
   In my heart a gloomy shadow’s  getting to brew
   While the chilly raindrops 
   Knocking at the windows
   Yes he’
s not coming to me
   A pitty flower fades into pale
   Without a tender and sweet dew
       I’m ever lonely
   I’m weeping sadly
   Even in the dream,I miss you

    では今宵はこれにて…

 

       


    


2007-09-07 15:04  nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JAZZ & MOVIE ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。