So-net無料ブログ作成
映画音楽 ブログトップ

蘇るLP(Ⅱ)自作・映画音楽大全集  [映画音楽]

 蘇るLP [Ⅱ]  映画音楽大全集 

前回のハリー・ジェイムスはおげさまで皆さんに喜んで頂けたようです。HPのBBSも大賑わいでした。LPファンはまだまだ根強くいらっしゃるようですね。
これに気をよくして、今のところは針を落すのがつい億劫になりがちだった<組アルバム>にせっせと取込んでいる最中です。イージー・リスニングも結構レコード棚に並んでいるものですから、パーシー・フェイスやマント・ヴァーニなんてところもPCに収めておきたくなりました。 続けて聴いていますと うとうと眠たくなってまいります。ま、そんな、こんなでせっかくPCに取込んだのですから、映画音楽だけリスト・アップして「映画音楽大全集」を創ってみるのも一興と思い立った次第です。あれこれ選曲していたら74分ギュウギュウ詰めのCDになっちゃいました。

ではご覧願いましょう。ジャケットとラベルです。

    20090209_92801079.JPG

        映画音楽ラベル.jpg

選曲はスラスラ組と当落スレスレ組、合わせて23曲です。700MB盤に何とか収まりました。

  
20090209_213023626.JPG

聴きながらLPジャケットを見ているのも楽しいものです。<ステレオレコードの聴き方>などが懇切丁寧に記されています。左右スピーカーの間隔を一辺とした正三角形の頂点に 座布団 を敷いて聴くこと、と図入りで解説してあります。これを見て洋間で聴いている人がソファに座布団を敷いたってェですから … … ?。
レコード盤に刻まれているのは音だけではありません。体験した人生の一節が音に交じって滲み出て参りますゥ 
… なんちゃって!

あのシーン、このシーンがフワァと浮かんでまいりました。ちょっとセンチになったところで、今宵はこれにて…


 



セプテンバー・ソング [映画音楽]

SEPTEMBER SONG

です 九月です 旅愁です セプテンバー・ソングです ジョーン・フォンティンです

  

     楚々とした気品ただよう ジョーン・フォンティン (旅愁)

「旅愁」(SEPTEMBER AFFAIR)ジョーン・フォンティンの美しさを忘れることはできません。映画が終った後、当時、高校生だった僕は、金縛りにあったように椅子に座ったまま動くことができなかったのです。

この映画の全編に流れたのが セプテンバー・ソング でした。主人公の惜別を、美しいナポリの風景にとけこませて情感豊かに盛り上げてくれました。あえて古い曲をテーマとして取上げ<映画音楽>というイージー・リスニングのジャンルを固めた作品でもありました。
製作は パラマウント(1950 本邦公開52)。 監督ウイリアム・ディターレ、音楽 ヴィクター・ヤング 主演 ジョーン・フォンティン ジョセフ・コットン フランソワズ・ロゼエ という強力な布陣でした。余談なから二人の恋に忠告するピアノ教師のロゼエがさすが貫禄でした。

旅愁   旅愁

  •    出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  •    発売日: 2006/12/14
  •    メディア: DVD


原曲は 「スピーク・ロウ」「マイ・シップ」などアメリカに渡ってからも精力的に活躍したドイツの作曲家クルト・ワイル(1900~1950)です。ワイルを語り出しますと、キリがなくなりますので割愛します。ここでは、今も語り継がれる名曲「三文オペラ」(マック・ザ・ナイフ)を書いた人と申しておきます。、ドイツでは毎年彼のFestが開かれています。
その彼が1938年のミュージカル「ニッカー・ボッカー・ホリデイ」に作曲したのがこの「セプテンバー・ソング」です。
主演のウォルター・ヒューストンが唄ってヒットしました。旅愁」ではこのヒューストンの歌をリヴァイバルさせるという心憎い手法をとっていました。
このヒットにあやかってネルソン・エディ主演の映画が作られましたが本邦未輸入のようです。
僕たち世代は何と言っても「旅愁」です。

  来年のポスター

   クルト・ワイル

では歌詞をひもといてみましょう。ドイツ人らしく堅い詞です。

 五月から十二月までは長い   あなたが九月を迎えると残りはあっという間   
 秋が木の葉を紅く変えるとき  
たわむれに待っている時間を失う   
 貴重な日々なのに残り少なくなってゆく  九月 十一月 … と
 だから貴重な日々をあなたと一緒に過ごしたい

原語では ウテ・レンバー  ロッテ・レーニヤ  が有名盤。
他にたくさんの歌手がズラリと唄っているアルバムもありますので紹介しておきましょう。

    オムニバス盤

でも僕たちはやはり シナトラ を筆頭にすべてのアメリカ・ポピュラー歌手の唄う 「セプテンバー・ソング」 ですね。
どなたをお聴になるのか??? それはもう、あなた次第です。
今夜はあなたが選んだ歌手の唄う 「セプテンバー・ソング」で 少し涼しくなった 九月の夜 ごゆっくりとをお過しになっては如何でしょう。
僕はパティ・ペイジの素敵なアルバム 「LOVE AFTER MIDNIGHT」 決めました。10曲目に入っています。もちろん机上にジョーン・フォンティンの大きなポートレートを今ひろげたところです。

  

   では 今宵はこれにて…
   おやすみなさぁ~い

       


 



春のうた (4) [映画音楽]

春のうた (4)

未輸入作品  ブログ特別公開

DORIS DAY
APRIL IN PARIS
         
巴里の四月

こんな素敵な映画が遂に未輸入だったんですね。
ミュージカルは客が入らん。宣伝が難しい。きっといろんな理由が重なってイケズされたんでしょうね。輸入業者の無知か怠慢か、何れにしても大チョンボです。
BSでやったかなぁ?記憶にありません。これから注意しておきましょう。
明るいヤンキー・ガールが過ごす素敵な巴里の春。いろいろあって最後はめでたし、めでたしのハッピーエンド
という筋書きは見なくても分かります。
このスチール写真やポスターを見ながら、ストーリーはあなたがあれこれ作って見て下さい。あなたの描くドリス・デイもまた、素敵じゃありませんか。だから彼女の唄う APRIL IN PARIS はあなただけのものになるのです。ヴォーカルにはいろんな楽しみ方ができますねぇ。
さぁ、未公開のウップン払しです。
いざ、可愛い ドリス・デイ とご一緒に 巴里の春 を満喫なさいませ!
 
      

     製作   ワーナー・ブラザース 1952

     監督   デヴィット・バトラー
     主演   ドリス・デイ   レイ・ボルジャー

    

      

      

      

        

   お終いに、この作品の挿入曲を付記しておきましょう。

  It must be good
  That’ what makes Paris Paree
  The place  you hold in my heart (S.Cahn & V.duke)
  April in Paris (E.Y.Hayburg & Vernon Duke
)
 
  今宵はこれにて …

    



映画音楽 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。